浮気調査

浮気身辺素性調査探偵ナビ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

興信所に持ち込まれる案件の多くは、不倫の有無を調べる追跡調査です。どのように探偵が調査しているのかを、不倫調査を例に取り上げてみました。調査方法の基本としては、まず、相手を追うことから始まります。

 

依頼者なら相手の行動もある程度予測がつきますから、不倫の可能性が高そうな日(時間)を狙って証拠を入手します。
探偵が対象に接触するのは法律で禁じられているため写真撮影が主です。

 

同じ勤務先内での不倫は、やはり多いものです。しかも、事実が判明したところで、パワハラによる不倫交際の強制などでもなければ、私生活上の問題では安易にクビにすることができないのが現実です。

 

とはいえ、就業規則上の、公序良俗、および社内秩序、風紀等を乱す行為といった箇所に触れているということで、懲戒処分に相当しますが、実際の例を見る限りでは、上司からの訓告程度で、具体的な処分はないまま終わりがちで、結局のところ「甘い」印象は否めません。
配偶者の不倫行為が発覚したら、とりあえず対応を考えるために平常心を取り戻すようにしてください。どうしても不倫の事実を受け止めがたければ、離婚と慰謝料といった問題も出てきます。

 

面倒でも双方で会う時間を作り、これから先どうしていくか相談することをおすすめします。

 

 

探偵社に調査を頼んでも、結果が出せないことがあります。それはパートナーの不倫の追尾調査で調査期間中にその行動が見られなかったケースです。

 

 

 

ただ、調査員の調査能力が不足していることにより、結果が得られないといった例もあるでしょうし、候補に上がった探偵業者の評判を契約前に確かめておくのが大事です。
それから、相談時に説明を怠らないのが良い結果に繋がることも覚えておいてください。
不倫の理由にしばしば挙げられるのは、単調な結婚生活が嫌だったといった、利己的でなければ言えないようなものです。また恋愛対象になってみたいという気持ちが不倫を美化してしまうところもあるようです。

 

怒ったところで逆効果ということもありますから、忙しくても時間を設けて、双方が不安なこと、不満なこと、いろんなことを話してみて、認識するのが大事だと思います。
興信所や探偵社などを経営する際は、とくに決まった資格や免許等は要求されません。ただし、2007年に施行された探偵業法にのっとって、探偵の業務を開始する「前日」までに警察署に行き、届出書を公安委員会に提出したあと、公安委員会の朱印と届出番号いりの「探偵業届出証明書」の交付を受け、許認可を出してもらうことが大原則です。
営業所ごとにあるので、確認させてもらうと良いでしょう。
探偵もお客様あっての商売ですから、価格競争があり、破格値で調査してくれるところとか、ポッキリ価格で請け負う業者がしばしば目にするようになりました。しかし、均一でも料金に含まれない場合は別途追加というケースもあるので、調査を依頼する前に、調査内容や料金の詳細を説明してもらい、トラブルにはまらないようにするべきです。
自分にとって良い探偵社を見つけようと思ったら、相手の勤め先や自宅と同地域に営業所がある探偵に限って探してみると良いでしょう。

 

 

 

地元に精通していれば、それだけ深い調査ができ、報告の精度が増します。

 

 

それと、依頼内容次第では専門外であったり、むしろ得意なこともあるようですので、あらかじめホームページとか電話で話をして確認しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人を特定できる情報を伝えなければ、興信所に不倫の調査をやってもらうことはできませんから、誠実な会社に頼むべきです。安くて良かったからと依頼したらスタッフがアルバイトで、未熟な調査能力のせいで想定外な事態や不愉快な結果になる危険性もあります。

 

そんな状態を避けるために、契約する前にネットの評判などを調べてみて、変な業者はふるい落としておくことが大事です。不倫の調査は調査対象が身近な人間なわけですから、調査していることに気づかれやすい上、もし自分が冷静でもカッとした相手の行動に対処できない危険性もはらんでいます。
興信所の調査員に依頼すると、最新の機材や相手に気付かれずに追尾する技術がありますから、自分や知人などが調査するより確実に不倫の証拠を得られるはずです。トラブル回避のためにも利用をお勧めします。

 

 

色々見ていくと、浮気相手と別れた理由で圧倒的多数を占めるのは、浮気の事実が露見したから、ですね。

 

 

だから証拠さえ見つければOKかというと、自分でやるのは簡単ではありませんから、最初から興信所や探偵業者などのプロに不審点の洗い出しや不倫の裏付けをとってもらうことにすれば、安全かつ堅実でしょう。しかし、浮気の気配を感じ取るまでは、自分でやらなければいけません。武道や運転免許等の資格は、探偵には必須ではありませんが、実際に浮気調査をしっかりとやり遂げるためには、一定レベル以上のスキルが要求されます。まともな会社は職員の教育には本当に熱心です。

 

しかし一部の業者では実務経験がほとんどないバイトが調査するなんていうのもないわけではなく、成果どころか不利益を生じる場合もあるので気をつけましょう。

 

支払った額にふさわしいスキルを持つ調査員が調査することが確実な成果につながるのです。
探偵に不倫調査をしてもらったあとで、追加で料金を請求されたという事例もあります。ただ、普通は契約書に、追加料金について明記されていると思います。
だからこそしっかりと確認しておくべきでしょう。もし不明な点があるのなら、きちんと契約前に確認しておくのも大事だと思います。配偶者の浮気にピタリととどめをさすには、不倫の明らかな証拠を押さえ、片方、ないし両方に慰謝料を求めるというのが一番です。

 

 

 

浮気相手は遊びのつもりであまり深く考えていないというパターンが多いです。

 

 

賠償を求めることで、自分たちがしでかしたことの償いをさせるというわけです。

 

知らない会社に行っていきなり相談するのは、いくら探偵社といっても勇気が要るものです。個人情報を伝えることに抵抗を覚えるというのであれば、本名などの詳細を伏せての相談に乗ってくれるところも多いですから、最初に匿名で話をさせてもらい、信用のおける業者であることがわかってきたら、個人情報を明かすようにするといいでしょう。探偵業といえど競争があるのは事実で、破格値で調査してくれるところとか、ポッキリ価格で請け負う業者がしばしば目にするようになりました。
ただし、一見安いように見えてオプション料金が発生する場合もあるので、契約する前に、疑問点について説明してもらい、あとで後悔することがないよう気をつけるようにしましょう。探偵を使ってパートナーの不倫を調べてもらう際は、最終的に何を目的にしていて、どうしたいかをきちんと話し合っておく事が非常に大事です。配偶者の不倫さえなくなれば良いのか、あるいは離婚裁判のための証拠が欲しいのかなどは、はっきりさせておかなければなりません。その希望次第で調査員の仕事内容も変わるので、あらかじめ明確にしておきましょう。面倒くさがりの夫があんなに嫌っていたSNSに最近やたらとハマっています。携帯も隠すし、不倫もあるかもしれないなと疑うようになっても当然でしょう。

 

 

 

もしかして元カノかと、携帯の履歴を見ようとしたのですが、ロックしてあって、手も足も出ませんでした。

 

 

 

私が怒れば黙ってしまうに決まっていますから、最終的には探偵さんでしょと、なぜか冷静に考えてしまったんですけど、専業主婦が払える金額なんてたかが知れていますし、思案中です。

 

 

 

不倫に対して慰謝料を請求する際は時効が存在するのをご存知でしょうか。
不倫相手を特定してから3年間、でなければ不倫行為から20年以内だそうです。それに、時効期限が近づいているときでも、裁判を起こすことで、この時間経過を止めて、時効を事実上なくすことができます。

 

不倫という行為を時効で「逃げ得」にしてはなりません。
時間がなければ訴訟に踏み切ることも方法の一つです。浮気の素行調査を探偵社に依頼する時は、最低限、相場というものは知っておいて損はないでしょう。

 

 

依頼者の悩みに乗じたかのような高額な料金を請求する業者もあるからです。

 

それから、相場より明らかに安価な料金を謳いながら、諸経費やレンタル料などを請求したり、追加料金で底上げした高額な請求をつきつけられることもありますから、依頼する前にオプションを含む料金体系を、きちんとした説明を求めるようにしましょう。

 

 

 

浮気が判明したら、当事者双方に慰謝料の請求を行うことができます。

 

もっとも、自分たちだけで話しあおうとすると、権利争いや感情面での言い合いになって、しばしば泥沼化してしまいます。
うまくいかないときは訴訟になる可能性もあるので、手に負えない気がしたら弁護士に相談して、無難なところでまとめあげてもらうのも「あり」ではないでしょうか。
現実的な話、探偵に任される調査の大概は浮気調査です。ちょっと気にかかることがあるから、浮気の有無をとりあえず調べてほしいとか、ガッチリ証拠をつかんで欲しい(離婚するから)など、ニーズに応じた調査を行います。

 

とりわけ、不倫相手に慰謝料を求める場合は、証拠の精確さが大事ですから、探偵に依頼するのが賢い選択でしょう。浮気調査なんていちいちしなくてもと言われれば、たしかに個々の自由だと思います。

 

 

とはいえ不倫は些細なことから始まるので、女性の気配のないような会社でも安心してはいられません。

 

常時いる女性と違い、営業などで時々訪れる相手なら、不倫がバレにくいからです。不審な点があれば、不倫調査をする探偵社に相談してみれば、早くに不安感を解消できますし、精神的な疲弊をかかえずに済むでしょう。

 

探偵業者に依頼すべきかどうか迷ったら、そのままでいるより、電話したほうが絶対スッキリするはずです。会社概要等は、ネットのほかにも電車の車内広告やチラシなどでも見ることができます。相談してみると、相談内容に沿った調査方法を提案してくれて、それで良ければ概算を見積もってくれます。初回見積り無料の業者さんも多いですから、費用だけでなく内容もそれで良いかよく検討してみることも大切です。

 

 

通常の金銭感覚からすれば、調査会社に頼んで浮気調査をしてもらうときの料金は、安いとは言えません。でも、安さ重視で業者を選んでも、浮気調査の成果そのものが得られなかったり、追加料金が発生しては、時間とお金の無駄遣いですよね。

 

 

 

やはり調査能力のほうを重視したいですが、高額な代金を請求するところが調査能力が高いかというと、それは一概に決めかねるところがあります。

 

 

 

いくら探偵であろうと、結果が出ない(出せない)ケースも存在します。よくあるのは、浮気の素行調査等で相手にその事実がなかった場合などです。

 

 

 

ただ、調査員の調査能力が不足していることにより、証拠をあげられないというケースもないわけではなく、依頼する探偵社の質や評判を事前にリサーチしておくのが大事です。

 

 

 

あとは、依頼者と探偵がお互いによく話して疑問点を解消するのも結果に大きく影響してくると思います。

 

 

 

スマホの普及でSNSを利用する人が増えていますが、そこから浮気がバレることが増えているのも、当然かもしれませんね。

 

 

 

パートナーが以前に比べ頻繁にSNSを更新していたら、日常的に浮気相手と接触を持っていると疑ったほうがいいかもしれません。
配偶者の態度とSNSは不倫の有無を判断する好材料にもなりえます。浮気を繰り返す人、やめられない人というのは、自然と「うつ」になっている人が少なくありません。理由は、常時精神的な負担があるということです。
恋愛の片方が既婚者か、W不倫の場合、精神的な疲労や不信感、無力感などをかかえこみやすくなり、やがてメンタルや体調に大きな影響を与えるのです。それに、取り残された配偶者も不眠やウツなどの症状を抱えやすいです。

 

懐かしい同窓会やサークルのOB会などの出会いは、不倫に走るきっかけになることが本当に多いです。
かつて好きだった人と気軽に喋れたり、元クラスメイトということで当初は男女を意識せず、その時の出会いは普段より運命的に感じられるのだとか。

 

もし里帰りや同窓会、OB会などのあとにいままでと違った行動パターンをとるようになったら、不倫の可能性も考えてみてもいいかもしれません。
探偵を雇って浮気の証拠を押さえてもらい、浮気を止めることができたとしても、再び浮気する人は一定数いるようです。休日に家族と過ごす時間が減ったり、メールや着信履歴などでまた浮気をしている事実が発覚するのです。
大抵の場合、前回の浮気での対処が甘かったために反省に至らなかったということも考えられますので、仏の顔も三度までということを思い知らせるような措置も考えなければなりません。

 

 

調査費用の支払いは、探偵社の場合は現金オンリーということはありません。

 

規模の大きな探偵業者では代金の支払方法にクレジットカード払いも用意しています。

 

もし利用明細を見られても気付かれないような表記にしている業者も少なくないですから、興信所や探偵を利用したことがバレる心配も要らないでしょう。クレカで支払いができるようにするためには会社としての実績も必要ですから、業者を選定する上での判断材料にもなるでしょう。

 

興信所と探偵。実は両方とも同じ認可で行われるので、業務内容も違いがありません。共によく扱うのは、離婚請求の理由として向こうの不倫をあげるのであれば、配偶者の浮気の確固たる裏付けが是非とも欲しいところです。

 

しかし一般人がプロ並みの証拠をゲットするのは困難ですし、きちんとした人材と機材を揃えた探偵事業者にやってもらえば、離婚する際に、手間も時間も節約できるでしょう。
離婚だけでなく慰謝料を要求するときだって役立ってくれることでしょう。

 

もしこれから探偵社に依頼しようと思ったら、事前に評判をチェックすることが不可欠だと思います。

 

 

無視できないような悪い評判のある会社では、契約時の説明と全然違う代金を請求してきたり、いい加減な仕事で報告書をでっち上げるなんてことも、なきにしもあらずです。利用者評価の高い探偵業者であれば、法外な料金をとられる危険性はないでしょうし、肝心の浮気調査の裏付けなども、きちんと行なってくれるでしょう。

 

浮気されたことによって心に傷を負った人のメンタルケアを行う相談員がいるのをご存知でしょうか。

 

プロですから心理的な負担がかかることはありませんし、無理なく精神状態の回復を図ることができるでしょう。

 

 

 

信頼していた相手に裏切られたことで離婚しても異性に距離を置くようになったり、人生に希望を見いだせなくなるという相談もしばしば聞かれます。
離婚なんかしない、やりなおしたいだけという時も、利害の絡まない相談者がいたほうが、うまくいくことが多いです。

 

 

 

興信所や探偵といった調査業務を行っている会社では、相談の段階までは代金をもらわない(タダ)というケースが増えてきました。複数の会社に相談することもできますから、依頼前に時間をとってでも利用しておきたいですね。
その会社の対応状況などを判断するのにはうってつけだと思います。

 

 

ベテランのスタッフと話をすることで、自分の悩みや気付かなかったところを、あらためて整理することもできます。探偵業者の選定には誰しも迷うと思います。

 

 

 

調査相手には行動範囲があるわけですから、地域を意識して、ネットで調べてみれば一目瞭然です。

 

 

 

ある程度の選別ができたら電話で相談員に依頼したい旨を伝えてみましょう。

 

 

相手は専門家ですが、話をしてみないと、良さそうな探偵社かどうかなんて知りようがないですから、心配なら2社以上にかけてみれば良いのです。

 

興信所や探偵社などを経営する際は、とくに決まった資格や免許等は求められません。ただ、業務の適正化と個人の保護のために施行された「探偵業法」に則り、最低でも業務を始める前の日までに、事業地の所管の警察署経由で公安委員会に届け出を行い、公安委員会の朱印と届出番号いりの「探偵業届出証明書」の交付を受け、許可を受けることが開業の大前提となります。
野放しというわけではないのです。W不倫、しかも職場って多いんですよね。ただ、知られたところで、不倫はプライベートな行為のため、セクハラでもないかぎりクビにするというのは無理でしょう。

 

ただ、職場の規則やパートの契約書などの、「秩序および風紀を撹乱するおそれ」といった線から考えれば、懲戒対象とも思われます。

 

現実的には口頭注意ぐらいで、処分といえるほどのものはなく曖昧に済まされることが多いです。

 

 

 

話をしていて混乱しやすいのが「不倫」と「浮気」の違いです。
浮気は婚姻の有無を問いませんが、不倫というのは配偶者がいるのに体の関係を持つことを指します。不倫であればパートナーとその交際相手に慰謝料の支払いを求めることができます。探偵を頼んで浮気の確かな証拠を入手し、多額の賠償を請求することによって現実を見せ、きっぱりと別れさせるというケースも多いです。どういうわけか浮気というのは、何度も繰り返す例も少なくないようです。

 

不倫現場を見つけられて、しばらく自粛状態が続くのですが、またしても我慢できなくて浮気するおそれは充分あります。

 

 

 

あやしい素振りを見せたら、探偵を頼むなどして、きっちり不倫の裏付けをとり、決着をつけてもらいましょう。
興信所の仕事と聞いて、ほとんどの人が尾行を想像することでしょう。対象にそれと悟られないよう行動を見守り、依頼人の求める証拠を見つける調査です。
悟られることがまずないとはいえ、後を追う調査員は対象となる人物の動きを想定しておかねばなりません。

 

 

 

予想外や不意の事態に素早く的確な対処をするのが、探偵の業務です。相手に知られては依頼者の不利になるので、必死です。

 

会社にもよりますが、探偵業者の不倫調査では、成功報酬制を採用している事業所もあるようです。

 

それなら証拠がなければ支払いが発生しなくてなんだかとても「得」に見えますよね。ただ、調査対象が浮気しているかどうか微妙な場合や、調査期間が長引くことが予想される際はお断りというパターンもあるようです。

 

当然ながら証拠をゲットする確率も高く、そのときにかなりの代金を請求されることがあります。「証拠がとれるまで」を「時間無制限」とすると、費用もかさむわけです。
不倫や素行調査を依頼すると費用がかかります。
気になるその支払方法ですが、名のしれた大手探偵社等ではクレジットカード(一括や分割)やローンでの分割OKという業者もあります。
不倫現場を押さえるチャンスは今しかないけど、お金を貯めているヒマがないなんていう場合は、このような精算方法に対応している業者を最初から選ぶのも手だと思います。「一番は君だけだ」なんて、あとから幾ら言ったところで、不倫の対価はおそらく高くつくでしょう。
配偶者の出方次第で違ってくるでしょうが、結果的に離婚せざるを得なくなったり、慰謝料の支払いも覚悟しなければなりません。
不倫なんていうものは、露見してしまえば高い賠償を払って償っていかなければいけません。
気の迷いで始めた交際から抜け出せなくなって精神的に不安定になり、家庭環境も壊れる。

 

あとになれば虚しさだけが残るのが浮気というものです。夫婦関係に嫌気がさしたからといって、あらたな恋人と幸せになろうというのは、いくらなんでも都合がよすぎるように思えてなりません。妻か夫のどちらかに原因があるとしても、もっと上手な解決方法を模索すべきですし、子供には責任はないはずです。後悔するのが分かっていても、浮気という手段をとるのでしょうか。浮気した伴侶への仕返しは、やはり、社会的な地位や信頼を抹殺することですよね。それには証拠固めが不可欠ですが、証拠さえ入手すれば、もう、思う存分、相手を追い込むこともできるし、目に物見せることができます。私はやるかどうかわかりませんが、実際、不倫相手の職場の同僚や配偶者、義両親にまで通知するケースもあるようです。

 

家族関係の悪化や失職するなど、それだけのことをしたのなら、しょうがないですよね。私ではなく職場の同僚の話です。
彼が単身赴任中に妻が浮気していたとかで、裁判でその男を訴えたいみたいなんです。ただ、裁判となればお金がかかるものですよね。ちゃんと浮気の証拠を押さえて不倫相手に慰謝料の支払いを求め、今後の接触を禁じるのも一計ではないかと助言しておきました。
浮気の気配を感じたら、探偵業者にすぐ調査を依頼せず、そのような業者が行う無料相談を利用するのも手です。浮気問題だけでも不信や不安でいっぱいなのに、見知らぬところに個人情報を伝えて調査してもらうのは、やはり不安でしょう。安心のために探偵を雇うのですから、まず相談だけしてみて、誠実そうなところを選べばよいのです。

 

 

 

たとえ大手だからといって絶対にハズレがないとは言い切れませんが、やはり規模が大きめの探偵社(興信所)に頼むと安定した仕事をしてくれるように思います。
小規模な調査会社の中にはきちんとした探偵業務も行わずに代金を請求してきたり、別料金を含む料金体系が不明瞭な会社もあるそうです。

 

また、営業所の相談員の態度なども依頼するかどうかの判断材料になるでしょう。
いざ探偵を頼もうと探してみると、想像以上の数が出てきて驚くのではないでしょうか。探すのに迷ったら、人気や評価を参考にしてみてください。ウェブを利用することで、探偵社の評価や得意分野等がわかるでしょう。土地に密着した業種でもあるため、居住地周辺で評価の高い業者を見つけ、相談を持ちかけてみれば、他より質の高い仕事をしてくれて、その成果も期待できます。

 

普段は無縁な探偵社ですが、とんでもないインチキな会社もあるので、ネットでクチコミをチェックするなどして、信用度の高い業者を見つけるのが大事です。ところで、不倫調査を依頼しても、きちんとした裏付けを取るのに必要な時間というのは、幅があります。
どのような調査でどれくらい時間と料金がかかるのか、わかるまでよく説明してもらった上で依頼するようにしましょう。4歳の娘と7歳の息子がいるアラサー主婦です。夫は7つ年上で社宅住まいです。
夫の浮気が判明するまでは普通の家族でした。

 

しかし先週、双方の親も交えて話し合い、いよいよ離婚という運びになりました。

 

親権は私ですが、母子家庭として子供二人をきちんと育てるわけです。

 

簡単なことではないでしょう。感情的にはもやもやが残りますが、離婚問題に詳しい弁護士に相談して間に入ってもらい、夫には慰謝料と養育費、不倫相手には慰謝料を求め、公正証書という形で残しました。悪質な探偵業者であることを見抜けずに利用すると、きちんとした調査結果が得られずお金だけむしりとられることにもなりかねないので注意が必要です。

 

事務所に相談に行った際、過度に不安を煽ったり、契約を急かすようなところは注意したほうがよいでしょう。相談後、しつこい電話勧誘がくるのは、悪質な業者だと思ったほうが良いでしょう。

 

まともな探偵社や興信所であれば、依頼人が不快に思うような行動はとらないですからね。
自分にとって良い探偵社を見つけようと思ったら、調査相手の居住地に近い業者に限って探してみると良いでしょう。細かな土地勘があればあるほど、調査に有利ですし、報告書の精度も上がるでしょう。

 

 

 

また、依頼する案件によって専門外であったり、むしろ得意なこともあるようですので、公式サイトや電話で問い合わせてみるのをおすすめします。

 

だいたいどのあたりで浮気だというのでしょう。
それは、それぞれの価値観や倫理で違いがあるようです。

 

たとえば、自分以外の異性を誉めたり、手をつないだり腰に腕を回すなどの接触を浮気だと認定する人もいるぐらいです。

 

実は不倫には法律上の定義があり、肉体関係が生じた段階で精神的にはどうであれ不貞となるのですが、順風満帆な結婚生活を続けたければ、浮気しているとパートナーに思わせるような行為は控えるべきでしょう。はからずもご主人の浮気が露見した場合、取り敢えずマズイ対応をしてしまわないためにも、気持ちを静めて冷静になるのが先決です。

 

 

 

もしあなたが相手の不倫を赦すことができないなら、思い切って離婚ということもありますし、慰謝料といった問題も出てきます。面倒でも双方で会う時間を作り、これから先どうしていくか考えていくようにしましょう。離婚を前提としているようで不倫調査を頼むのは気が引けるという人もいるでしょう。

 

 

 

ただ、あまり深刻にとらえることもないと思います。
不倫相手と別れさせるとか、離婚するとか、どちらにしても、浮気の証拠があれば何にしても有利であることは間違いありません。

 

現実を目の当たりにするのが怖いというのであれば、それもありでしょうが、モヤモヤしているのが嫌なら探偵に相談することを推奨します。不倫で略奪婚に成功しても、あまり幸せになれないという話があります。結構言い得ているのではないでしょうか。

 

もともと我が身のために、よその家族を滅茶苦茶にしてきたわけで、めでたく結婚できたとしても自分たちの事情が知られたらみんな去っていくと怯えてやっていくのですから疲れるでしょう。一度不倫を経験してしまうと、また同じことが今度は自分にあるのではと考えると、そう落ち着いてもいられないでしょうね。